日焼け止めのSPF、PAは何の意味?わかりやすく基本を紹介! - 日焼け止めに書かれている表記「SPF・PA」とはどういった意味なのでしょうか。そして、数値は高ければいい?知らない人のために基本的な項目をおさらい!

日焼け止めのSPF、PAは何の意味?わかりやすく基本を紹介!

日焼け止めのSPFって何?どんな言葉の略なのか知ってる?

日焼け止めのSPFやPA、よく理解していないまま数字が大きければいいと認識している人もいるかもしれません。ただ、原理を知ればそこまで難しいことはありません。先ほど説明したUVA波、UVB波、UVC波が関係してきます。紫外線で日焼けの原因となるのはUVA波とUVB波。A波はシワ、たるみのような肌老化の原因になります。これは曇りの日でも注意が必要な「窓ガラスも突き抜けてしまう」室内でも気を付けるべき紫外線。また、B波は、肌表面を赤くする紫外線。外出する時に日焼け止めを塗るのはこのB波を予防するためで、B波はメラニン色素をつくり、シミやそばかすの原因になってしまうとも言われます。このB波、レジャー紫外線とも言われています。SPFは、Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略。UVB波の防止をすることができます。SPF50、SPF32など数字が違っていますよね。例えば、SPF50だと日焼けするのに10分かかる人は、10分×50倍=500分=8時間+20分に遅らせることができるわけ。そのため、数時間のおでかけにはSPF30〜40程度で、公園やおでかけで数時間の外出をする時にはSPF50を選ぶなど変えればいいわけです。とはいえ、日焼け止めは汗で落ちてしまうと効果が減ってしまいます。塗り直しも大切です。

PAとは何か?UVA波は冬でもケアが必要なの?

そして、PA。SPFとPAが並んで表記されていることが多く、以前は+++のスリープラスが一番最上位でしたが、今は++++のフォープラスが最上位になっています。このPAは、Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略。UVA波をどれだけ防ぐことができるかをあらわしています。もちろん、++++が一番効果がある数値。そして、次に+++となります。紫外線A波は室内にいても浴びてしまうとシミそばかすの原因になります。窓際で日当たりのいい場所でぽかぽか日光浴をしていると、知らない間にシミそばかすの原因となっていることもありえます。SPFは低くてもPA+++(スリープラス)程度の日焼け止めを冬でも使うことで、日焼けを予防することができます。最近では、SPF50のミネラルパウダーがあり子育て中のママも使うことができます。また、高SPF値のBBクリームも販売されていて、1アイテムで完了するメイクアイテムは軽いつけごこちが人気です。以前と比べて負担なく軽い日焼け止めが発売されているので、日焼け止めを敬遠せず様々な商品を使い比べて気に入った1本を見つけてみましょう。

日焼けしやすい色黒肌は全身脱毛可?ボーダーを知りたい!

SPFは、Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略。

UVB波の防止をすることができます。

SPF50、SPF32など数字が違っていますよね。

例えば、SPF50だと日焼けするのに10分かかる人は、10分×50倍=500分=8時間+20分に遅らせることができるわけ。

そのため、数時間のおでかけにはSPF30〜40程度で、公園やおでかけで数時間の外出をする時にはSPF50を選ぶなど変えればいいわけです。

とはいえ、日焼け止めは汗で落ちてしまうと効果が減ってしまいます。

塗り直しも大切です。

PAとは何か?UVA波は冬でもケアが必要なの?

そして、PA。

SPFとPAが並んで表記されていることが多く、以前は+++のスリープラスが一番最上位でしたが、今は++++のフォープラスが最上位になっています。

このPAは、Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略。

UVA波をどれだけ防ぐことができるかをあらわしています。

もちろん、++++が一番効果がある数値。

そして、次に+++となります。

紫外線A波は室内にいても浴びてしまうとシミそばかすの原因になります。

窓際で日当たりのいい場所でぽかぽか日光浴をしていると、知らない間にシミそばかすの原因となっていることもありえます。

SPFは低くてもPA+++(スリープラス)程度の日焼け止めを冬でも使うことで、日焼けを予防することができます。

最近では、SPF50のミネラルパウダーがあり子育て中のママも使うことができます。

また、高SPF値のBBクリームも販売されていて、1アイテムで完了するメイクアイテムは軽いつけごこちが人気です。

以前と比べて負担なく軽い日焼け止めが発売されているので、日焼け止めを敬遠せず様々な商品を使い比べて気に入った1本を見つけてみましょう。

日焼け うなじ

首の後ろ部分のうなじは日焼け止めを塗るのを忘れがちな部位でした。うなじ部分の日焼け止めの上手な塗りかたと、日焼けしないためにできるグッズは何がある?

うなじ部分の日焼け止め、こうやって塗ればOK!

日焼け止めの塗り忘れ率、NO.1なのがうなじ。脱毛部位としては「襟足」として人気の部位はブライダルエステをする際にも施術する人が多い場所です。ただ、このうなじは手が届きにくいので日焼け止めを塗り忘れる人が多いようなんですね。うなじの色が違うと、顔と首との境界線がくっきりしてしまいます。すると、メイクをしても首と顔がちぐはぐな印象に。イメージもあまりよくなくなってしまいます。とはいえ、髪の毛も生えていて、塗りにくい場所であるうなじ。日焼け対策はどうすればいいのでしょうか。日焼け止めを塗る際、首を塗る時にはコツがあり、首の前側を塗る時にはあごをあげて首のシワがないようにすることが大切です。同様に、うなじを塗る時にはあごをさげて首の後ろ側にシワが出ないようにします。手のひらに少量ずつ出して、うなじ部分に日焼け止めを塗りましょう。もちろん、髪の毛が長い場合は一つに結んで髪の毛に日焼け止めがつかないようにします。以前はクリームタイプの日焼け止めが主流でしたが、最近ではスプレータイプの日焼け止めが出ています。制汗剤のように日焼け止めが噴霧されるもので、手が届きにくい首の後ろもスプレータイプの日焼け止めならとても簡単。白っぽくなりにくい透明のタイプもあるので、うなじと髪の毛の日焼け止めを一気に塗れます。SPF50の商品もあるスプレータイプの日焼け止め。日焼け止めはクリーム状のものとスプレータイプのもの、2つを使い分けすると使いやすいですよ。

物理的にうなじをガード!帽子やスカーフでしっかりと

日焼け止めだけではなく、「物理的に」首をガードしてしまうのもいいのかもしれません。ワードローブにあるスカーフを巻くのも日焼け防止になります。夏に巻けるガーゼ素材のスカーフなら、タオルのように肌触りもよく、かつ洗濯もできて楽です。タオルを巻くのはあまりに実用的すぎますが、タオル素材のガーゼスカーフなら気軽に巻けますよね。また、アウトドア製品の帽子には首の後ろにあて布がついていてガードできるようになっている商品もあります。帽子は顔全体に影を作ってくれ、日焼け防止にも役立つアイテムですが、あて布がついているだけでも首の後ろがガードされて日焼けしません。1枚あるかないかで違ってきますから、あて布がある帽子を選びたいところです。また、ヘアスタイルも重要。夏の間はショートヘアにせずにうなじが隠れる程度の髪型にすることもうっかり日焼けを防止することができます。

うなじ部分の日焼け止め、こうやって塗ればOK!

日焼け止めの塗り忘れ率、NO.1なのがうなじ。

脱毛部位としては「襟足」として人気の部位はブライダルエステをする際にも施術する人が多い場所です。

ただ、このうなじは手が届きにくいので日焼け止めを塗り忘れる人が多いようなんですね。

うなじの色が違うと、顔と首との境界線がくっきりしてしまいます。

すると、メイクをしても首と顔がちぐはぐな印象に。

イメージもあまりよくなくなってしまいます。

やけどのような日焼けをどう対策する?

とはいえ、髪の毛も生えていて、塗りにくい場所であるうなじ。

日焼け対策はどうすればいいのでしょうか。

日焼け止めを塗る際、首を塗る時にはコツがあり、首の前側を塗る時にはあごをあげて首のシワがないようにすることが大切です。

同様に、うなじを塗る時にはあごをさげて首の後ろ側にシワが出ないようにします。

手のひらに少量ずつ出して、うなじ部分に日焼け止めを塗りましょう。

もちろん、髪の毛が長い場合は一つに結んで髪の毛に日焼け止めがつかないようにします。

以前はクリームタイプの日焼け止めが主流でしたが、最近ではスプレータイプの日焼け止めが出ています。

制汗剤のように日焼け止めが噴霧されるもので、手が届きにくい首の後ろもスプレータイプの日焼け止めならとても簡単。

白っぽくなりにくい透明のタイプもあるので、うなじと髪の毛の日焼け止めを一気に塗れます。

SPF50の商品もあるスプレータイプの日焼け止め。

日焼け止めはクリーム状のものとスプレータイプのもの、2つを使い分けすると使いやすいですよ。

物理的にうなじをガード!帽子やスカーフでしっかりと

日焼け止めだけではなく、「物理的に」首をガードしてしまうのもいいのかもしれません。

ワードローブにあるスカーフを巻くのも日焼け防止になります。

夏に巻けるガーゼ素材のスカーフなら、タオルのように肌触りもよく、かつ洗濯もできて楽です。

タオルを巻くのはあまりに実用的すぎますが、タオル素材のガーゼスカーフなら気軽に巻けますよね。

また、アウトドア製品の帽子には首の後ろにあて布がついていてガードできるようになっている商品もあります。

帽子は顔全体に影を作ってくれ、日焼け防止にも役立つアイテムですが、あて布がついているだけでも首の後ろがガードされて日焼けしません。

1枚あるかないかで違ってきますから、あて布がある帽子を選びたいところです。

また、ヘアスタイルも重要。

夏の間はショートヘアにせずにうなじが隠れる程度の髪型にすることもうっかり日焼けを防止することができます。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。